PR

duoクレンジングバームに副作用はある?使い始める前にすべきこと

DUOクレンジングバーム

キャッチーなCMでおなじみの「duoクレンジングバーム」。

W洗顔不要の高い洗浄力が評判を集めているものの、効果が高いがゆえに、副作用がないかが気になっている人も多いハズ。

そこでここでは、duoクレンジングバームに副作用はないか、また、副作用が心配な人が本格的に使い始める前にすべきことを紹介しています。

duoクレンジングバームに副作用はある?

duoクレンジングバームには、副作用が出るという噂があります。

ただ、色々調べてみた結果、今のところ、duoクレンジングバームを使って大きな副作用が生じた事例は報告されていないことがわかりました。

副作用は、薬などが効果的な働きとともに、有害な作用をほかで引き起こすことを意味します。

一方で、duoクレンジングバームはそもそも医薬品ではありません。

おだやかな効果しかない分、副作用のリスクも低くなっており、実際に副作用の報告事例は現状ゼロです。

 

副作用が心配な人が使い始める前にすべきこと

duoクレンジングバームは基本、副作用を心配することなく使える商品です。

ただ、合う合わないは体質によります。

実際、duoクレンジングバームを使って肌が荒れてしまったという口コミは、ごく少数ながらあります。

また、同じ人でも体調によって反応の出方は変わってきます。

体調不良のときの使用には注意が必要です。

そのほか、人によってはアレルギー反応が出る成分が含まれている可能性もゼロではありません。

不安な人は、本格的に使用を開始する前にパッチテストを行いましょう。

合わせて、duoクレンジングバームの成分詳細を確認し、安全性に納得した上で使用を開始するのがおすすめです。

 

duoクレンジングバームの成分の特徴

duoクレンジングバームは、公式サイト上で全成分を開示しています。

細かい情報を開示しているため、肌が弱い人やアレルギー体質の人でも安心して使えるかどうかを自分の目で判断できます。

以下では、duoクレンジングバームの特徴と注意が必要な成分について簡単に解説しています。

5つの添加物が無配合

duoクレンジングバームには、クレンジングに含まれていることが多い5つの添加物が使われていません。

使われていない添加物は、

  • 鉱物油
  • 合成香料
  • 合成着色料
  • エタノール
  • パラベン

の5つです。

duoクレンジングバームは、不要な添加物をできるだけ使わない、肌への優しさにとことんこだわった商品です。

敏感肌の人でも、基本安心して使える商品です。

気になる成分

duoクレンジングバームに配合されている気になる成分としては以下3つ、

  • フェノキシエタノール
  • トコフェロール
  • アーチチョーク葉エキス

があります。

いずれも安全性が保証されている成分ではあるものの、防腐剤として配合されているフェノキシエタノールの使用を通して、ごくまれに肌に刺激を感じることがあります。

また、ビタミンEの一種であるトコフェロールは、皮膚炎を起こしている肌に使ってしまうと、皮膚感作性を引き起こすことがあります。

さらに、アーチチョーク葉エキスなどに、キク科アレルギー原因物質が含まれている可能性もゼロではありません。

そのほかにも、全24種類の植物エキスがduoクレンジングバームには配合されています。

アレルギー体質の人は、成分の詳細を確認してから使うようにしましょう。

医療機関の専門家に判断してもらうのも良いですね。

まとめ

duoクレンジングバームに、大きな副作用が報告されたことはこれまでにありません。

5つの添加物無配合で、肌に優しい成分ばかりが使われている、あらゆる人が安心して使えるクレンジング剤です。

ただ、敏感肌の人やアレルギー体質の人が使う場合、注意が必要です。

フェノキシエタノール・トコフェロール・アーチチョーク葉エキスなどの成分により、まれに肌刺激やアレルギー反応が起こる可能性があるためです。

不安な人は、成分の詳細を確認し、事前にパッチテストを行うようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました