PR

duoクレンジングバームは洗顔代わりになる?安心して使える理由

DUOクレンジングバーム

さまざまなメディアでたびたび特集を組まれている話題の「duoクレンジングバーム」。

そんなduoクレンジングバームの最大の特徴は、1つで5役を担ってくれるところ。

クレンジング・洗顔・トリートメント・マッサージケア・角質ケア機能を備えていて、ダブル洗顔をする必要もありません。

一方で、この特徴ゆえに、メイクをしていない時に洗顔としてduoクレンジングバームを使って良いかが、気になっている人も多いハズ。

そこでここでは、duoクレンジングバームが洗顔代わりになるかどうかを徹底紹介しています。

duoクレンジングバームは洗顔代わりになる?

結論から言うと、duoクレンジングバームは、洗顔代わりに使えます。

そもそも、duoクレンジングバームは洗顔不要、いわゆるダブル洗顔不要のクレンジング剤です。

要は、クレンジング剤と洗顔料の2つの役割を担ってくれるアイテムです。

そのため、公式サイトにその旨の記載はないものの、実際に洗顔代わりにduoクレンジングバームを使っている人は多くいます。

ただ、duoからは洗顔料や洗顔石鹸が発売されています。

そのため、duoの公式HP上では、メイクをしていない状態では、duoクレンジングバームではなく、洗顔料や洗顔石鹸の使用がおすすめされています。

一方で、洗顔料が落とすのが得意なのは、皮脂や古い角質、汗やほこりなどの水溶性の汚れです。

油性である頑固な毛穴汚れや角栓を落とすのが得意なのは、洗顔料ではなくクレンジング剤です。

ゆえに、頑固な毛穴汚れや角栓が気になりがちな人の場合、洗顔料ではなく、duoクレンジングバームを使ったほうがかえってきれいに洗い上がります。

実際に洗った後、肌がきれいになることを理由に、duoクレンジングバームを洗顔代わりに使っている人が多くいることがわかりました。

 

duoクレンジングバームを洗顔に安心して使える理由

duoクレンジングバームは、油性・水性両方の汚れを落とせる洗浄成分とともに、保湿成分や整肌成分が詰め込まれた毛穴クリアカプセルでできています。

このカプセルは手で押すととろけて、肌に洗浄成分とともに美容成分がいきわたります。

そのため、duoクレンジングバームはメイクや毛穴汚れや角栓などの油性汚れはもちろん、皮脂や古い角質、汗やほこりなどの水性汚れも、肌の潤いを奪うことなく除去してくれます。

しかも、duoクレンジングバームには、パラベン(防腐剤)・鉱物油・石油系界面活性剤・合成香料・合成着色料・エタノールが使われていません。

肌に優しい仕様ゆえ、洗顔はもちろん、マッサージクリームとしても安心して使えます。

 

duoクレンジングバームの洗顔としてのおすすめの使い方

duoクレンジングバームを洗顔として使う場合、寝起きに使うのがおすすめです。

また、洗顔代わりに使うときも、濡れた手でクレンジングバームを触るのはNGです。

濡れた状態で使うと、duoクレンジングバーム本来の洗浄力を発揮できません。

顔も手もしっかり乾いた状態で、使うようにしてください。

まとめ

duoクレンジングバームは、洗顔としても使えます。

ダブル洗顔不要のクレンジング剤であるduoクレンジングバームは、メイクや頑固な毛穴汚れなどの油性汚れと、皮脂や古い角質、汗やほこりなどの水性汚れもしっかり除去してくれるためです。

また、配合された肌に優しい成分で潤いを保ってくれるため、実際に、洗顔として使っているユーザーも多くいます。

さらに、duoクレンジングバームは、クレンジング剤や洗顔料としてだけでなく、マッサージクリームとしても使えます。

なお、洗顔としてduoクレンジングバームを使う場合、寝起きに、顔と手が完全に乾いた状態で使うのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました